環境問題の改善にもつながるETCカード

同じクレジットカードであっても、ETC機能の有無によってその利便性は大きく異なります。 特に、車移動がメインで頻繁に高速道路を利用する人にとって、料金所をスムーズに通過できるメリットは大きいと言えるでしょう。

高速道路のような有料道路を利用する場合、入るときと出るときの計二回、自動車を一時停止することになります。 特に、土日や祝日になると平常時と比べて渋滞になりやすく、せっかくの休日も渋滞で台無しになるといったこともあります。
しかし、ETC機能が搭載されたクレジットカードであれば今後はそのような心配をせず、スムーズに料金所を抜けて目的地まで行き、帰るときもストレスなくドライブに集中できます。 ETCのメリットはこのような一人ひとりのドライバーの運転における負担を減らすだけではありません。 一人でも多くのドライバーがETCを利用することで、高速道路全体の渋滞が緩和されるため、大きな視点で見るとその効用はとても大きいものになります。

クレジットカードにETCの機能があるだけで、社会全体に大きなメリットがあり、それは環境についても同様です。 というのも、ETCカードを利用して料金所を通り抜けることで発進や停止といった余計な動作を必要とせず、移動時間を短くすることができますので、結果的に排気ガスの削減につながるからです。 地球温暖化が社会問題化する昨今、このような一人ひとりのちょっとした改善が、結果として大きな効果を生むことを忘れずにいたいものです。

加えて、料金所手前での渋滞がなくなると騒音なども減らせるので、周辺の地域環境の改善にも貢献します。 ちなみに、ETCの料金はクレジットカード決済で支払われるので、料金所を通過するたびにカード会社が設定するポイント還元率に応じてポイントが付与されます。 そのため、ポイント還元率の高いクレジットカードほど、高速道路の料金を節約することができるため、環境だけでなく家計の負担もETCは減らしてくれます。 他にも、頻繁に高速道路を利用する人は特別割引をしてくれるといったサービスやマイレージサービスもあるので、ETCカードはドライブする機会の多い人ほど多くのメリットを享受できるカードと言えます。

車を運転する日は毎日が快晴とは限らず、雨や雪が降るときもあります。そのような悪天候の日にはできるだけ窓は閉めて、車内の環境を整えておきたいものです。 しかし、料金所を通過するたびに窓を開閉するのは非常に煩わしく、できれば避けたいものです。
このように些細な面倒事も解決してしまうETC機能は、今やクレジットカードの利用を助けるだけでなく、必要不可欠な大事な存在でもあるのです。 まだクレジットカード自体を持っていない方は、申し込み時の簡単な手続きでクレジットカードと紐付いたETCカードを発行してもらえます。 また、既にクレジットカードは持っているという方は、カード会社のWebサイトからオンラインでETCカードの追加発行が可能です。