どうしても現金が必要な時に便利なサービス

お金がなくても好きなだけ買えるように感じるクレジットカードですが、決済ができる金額には上限があり、ショッピング枠を超えるような決済は基本的には出来ません。(高額決済時や海外旅行時などに一時的に枠を広げてもらえるようカード会社に依頼することは出来ます。) 既にショッピング枠が埋まっているのであれば、カード会社に返済をして枠に余裕を作らない限り、カード決済はできないのです。 そして、このショッピング枠は商品やサービスを購入するために用いられることはあっても、ショッピング枠を現金化することは禁止されています。 どうしても現金が必要なときにはクレジットカードのキャッシングサービスを利用しましょう。

キャッシングサービスとは、キャッシング機能の付いたクレジットカードで現金を借りるサービスになります。 キャッシング機能のあるカードであれば、キャッシング枠の範囲内で現金を借りることができます。

利用方法は簡単で、提携先のATMにクレジットカードを挿入し、暗証番号と金額を入力するだけになります。 最近のカード会社は大手のコンビニとも提携していることが多いので、万が一のときがあっても近くのコンビニに寄るだけで現金を借りることができます。

クレジットカードの主なサービスはその現金要らずの決済サービスになりますが、時と場合によってはカード決済ではなく、現金そのものが必要になることもあります。 例えば、突然の結婚式のため祝い金を用意しなければいけなかったり、現金払い以外受け付けていないサービスの支払いであったりと、カード決済では対応できないことはまだまだ世の中には多く存在します。
しかし、クレジットカードにキャッシング枠を設けておくことで、このような現金が必要な事態に陥っても安心して必要資金を期日までに調達、つつがなく支払うことができうるようになります。 このように便利なキャッシングサービスですが、注意点が一つあります。それは、ショッピング枠との関係です。

例えば、50万円分のショッピング枠と20万円分のキャッシング枠のあるクレジットカードがここにあるとします。 この場合、よく勘違いされるケースとして、ショッピング枠とは別に20万円分のキャッシングができると考える人がいるのですが、実際には違います。 このキャッシング枠はショッピング枠に含まれていますので、ショッピング枠が全額埋まっていると、キャッシング枠を行使してお金を借りることはできないのです。

要するに、既にショッピング枠が45万円まで埋まっていたら、キャッシングで借りることができる金額は5万円までということです。 同じようにキャッシング枠を20万円使い切ってしまっていたら、ショッピングで利用できる金額は30万円までになります。 ショッピング枠を使いすぎると本当に必要な時にお金を借りれないといったリスクがあるので、キャッシングを利用する予定があるという人はショッピング枠を使い過ぎないように注意しましょう。 普段からショッピング枠に空きが出るようにカード決済をすることで、万が一のときがやってきてもATMにカードを挿入するだけですぐに必要としている現金を調達、難なく支払いを済ますことができます。