便利な機能が満載で上手に使えば節約につながる

クレジットカードの最大の特徴といえば、現金を持ち歩かなくても商品やサービスを購入することができる点にあります。 決済した商品代金は一時的にカード会社が立て替え、利用者(カード会員)は毎月定められた返済日にカード会社に返済を行います。また、カード会社への支払いについては、一括払い以外にも分割払いやリボ払いなど、利用者が自由に設定できる事もポイントです。 分割払いやリボ払いを利用すれば、手数料はかかるものの、毎月の返済額をある程度自由に設定することができるため、一括払いが難しい商品でも購入する事ができるようになります。 このような返済方式に関するサービスだけでなく、クレジットカードには他にも多くの役立つサービスがあります。 例えば、電車通勤の多い人であればオートチャージ機能のあるクレジットカードがオススメです。 この機能が搭載されているクレジットカードがあれば、混雑しやすい時間帯であってもICカードの残高を心配せず、スムーズに改札口を抜け、ストレスなく駅を降りることができます。

このような電車通勤の人に嬉しいサービス以外にも、車の運転をする人に役立つサービスもあります。それがETCです。
ETC機能のあるクレジットカードであれば、今まで高速道路の渋滞に辟易していたという人も、料金所で一時停車することなく、スムーズに高速道路を利用できるようになります。 ICカードへのオートチャージや、料金所を素通りできるオートチャージ機能など、優れたサービスは日々開発されています。 新しいサービスが開発されるたびに日常生活における利便性が向上し、豊かな生活を送ることができるようになるため、今やクレジットカードは生活に欠かせない存在となっています。

また、クレジットカードに申し込む場合は、できるだけポイント還元率の高いカードがオススメです。 最近は日常生活で必ず発生する水道光熱費などの公共料金や携帯電話料金、新聞代やNHK受信料なども全てクレジットカード払いができるようになっています。 コンビニ等でのちょっとした買い物も全てクレジットカードで支払うように心掛ければ、毎月クレジットカードで支払う金額は10万円程度になる方も多いのではないでしょうか? 同じ10万円を支払うとしても、全て現金払いでは還元される金額は0円です。そして、全てクレジットカード払いにまとめた場合でも、還元率が1%と2%とでは雲泥の差になります。 10万円の1%は1,000円ですが、2%であれば毎月2,000円分の還元があり、1年では24,000円相当のポイント還元を受けられることになります。これはやらなきゃ損ですよね。 このように、ポイント還元率の高いクレジットカードを上手に利用すれば、かなりの節約にもつながることになります。

最後に、ここ数年で急激に利用者が増え問題にもなっているサービスで「クレジットカード現金化」というものがあります。 簡単に説明すると、キャッシング枠を使い切ってしまった利用者が、ショッピング枠で換金率の高い商品を購入し、それを即転売して現金に換えてしまうものです。 商品購入から転売まで全て自分で行う方もいるようですが、専用の業者を使う場合もあるようです。いずれにせよ、クレジットカード会社の会員規約で禁止されている行為なので、くれぐれも安易にてを出さないように注意して下さい。
現金化業者の口コミサイトで悪質業者の手口などを見てみると、とても利用する気は起きませんが…。 どうしても現金が必要になり、借金をお願いできる知り合いがいない方などは、仕方なく手を出してしまう方もいるのでしょう。

上記以外にもクレジットカードは日々便利な機能が追加され、その利便性はますます高まっています。 しかし、いざクレジットカードを申し込もうと思っても、自分の生活にぴったりのサービスを受けることのできるカードを見つけるのは容易ではありません。 申し込み前には、カードのスペックを比較して自分の求めている機能を備えたものかどうかを見極める必要があります。 また、それぞれのカード会社が実施しているキャンペーンもしっかりチェックすることで、自分に合ったお得なカードを見つけることができます。